こず思ふ

たび あそび ごほうヴぃ!!

今日はふたご座流星群がよく見えるという日。

最近はめっきり寒くなった。
冬だわね。

今日は流星群ってことで見えるかと思って見えそうなところに行ってみたけど
明るすぎるや。

おとーさんと土手や校舎の上やお庭で流星群みたのが懐かしい。
あれが何座でこれがこうで、宇宙からはこんなものが降ってくるんだと熱心に教えてくれた。
星が好きになったのはそれがとても大きいと思う。
正直あまり星座についてはわかりやすいやつしか覚えてない。
あんなに教えてもらってたのにごめん。
でも空への興味は相変わらずである。

おとーさんがいなくてそういうのができない時は
おかーさんとも畑のど真ん中や真っ暗な夜道や同じお庭に行ったこともあった。
ぼーっと空を眺めて流れるかなぁって待っていた時間がまたほっこり懐かしい。

今日ネットニュースで流星群が極大だっていうニュースのコメント欄みたら
「寒いねって言いながら親と見た記憶がある」とかそういうこと書いてる人が結構たくさんいて
みんなきっと同じことを子供の時に経験してるんだって思った。

なんとも言えないそのときの温かい気持ち思い出して今もまた温かくなったのと
あの時に戻れないっていうぽかんと乾いた風のような気持ちが交錯した。


今日はなんともいい日だったと思う。
何もないけど。

なんか胸熱なお客さんがいて
刺激をもらった。
刺激というよりは、
「あ、そうだった。私もこうあるべきだったんだ。あーそうだあーそうだ。」
初心というか、まじめな気持ちというか、
ものごとの本質を追求することとか人のやさしさとか想いとか
そういうのをあらためて大事だと思ったのだ。

なんか表層的に仕事をしていたな、と反省した。
なさけないぜ。

そういえば
最近大好きになったお料理屋さんがあって
おいしいのももちろんなんだけど
お店の人がとても真面目で心温まるかたで
お料理に対してもお客さんやお友達に対しても深い愛があるところが
すごく良くて居心地がいいのと
いろいろ大事なことを思い起こさせてくれるのであります。

その方はいろんな苦労をされたようで
何か苦労したからこその達観した感じというか
でかい山を超えて初めて見られる優しさと愛をお持ちの本当に素敵な方。

刺激という言葉とは何か違う心温まる気づきというか忘れてた物をもらえるのです。
ありがたや。
本当に。


そんなこんなで最近は心温まる穏やかな気持ちがいっぱいなのである。

寒い時期だからかしらね。

とにかくいい1日というか最近でありました。
風がつめたい。

雨が降ってます。
あっという間に地面はオレンヂ色に。

好きな季節はすぐに過ぎ去っていく。
今年は比較的好きな香りを長く楽しませていただいたと思う。

でも
オレンヂ色の地面をみると
昨日はこうじゃなかったのに
って思う。


あっというま。


今日はおいしいごはんをいただいた。
これが食べたいって珍しくメニューを
いろいろあーだこーだ言った気がする。

結局なんでもいい。

だって全部美味しそうだし
季節のメニューなんていたらそこに目がいってしまう。

でもなんでもいい。

一緒に食べて
一緒に楽しければ
なんでもいいんです。

自分がやりたいことなんて
自分が一人の時にやるから
他の人といるときは
他の人の気持ちのいいようにしたい。

それは無理をしていないのですよ。
それがいちばんいい。

遠慮しているどころか
いちばん気持ちがいいのですよ。
というか
らく。

伝わらないけどね。


いろいろ話をするなかで
私が
「今後はそうしたらいいじゃない」
とふといったら
つっこまれた。

今じゃなくて次のことを見ているよう
と言われて
意識して言った気がするし
無意識だったような気もする。

今その話をしているんだから
今はそうじゃないんだろうな
と思ったら
次はそうしたら
という話をしたつもりだけど。

ふわふわする。

なんとなく今のことがうそというか
他人事のような気がするので。

全部信じたいけど
信じてだめだったときがこわいから
予防線は自分ではっておきたいたち。

よくないと思うけど。


自分の感情の予防線は
自分でしかはれないと思っているよ。

それを超えられるのも自分でしかないのも
よくわかっているよ。

結局こういう距離の置き方しかできないのだ。

やっぱり書いていこうと思った今日この頃。
文章を書くことをしていないからなんか良くないんじゃないかと思って。

1年以上のブランク。
ちょっとずつならしていこうとおもふ。

最近はといえば
仕事は順調といえば順調だし
とりあえずやってみようって気持ちが仕事のおかげで強くなった。
小心者が少し改善しつつあるのかも。

コロナが流行ったことは全然良くないけど
同時に新しい発見も多くて
近所の散歩に始まり
海にいって散歩したり
それの続きでサーフィンしたり
天体観測したり
トレーラーハウスに泊まってわくわくしたり
すきがとっても増えた。

激しい糖質制限をしていたけど
それは栄養学的に良くないことをやっと学んで
丁寧な食生活を心がけるようになった。
オーガニック野菜とか買うようになっちゃってどうしちゃったんだろう私
だけどいいことです。
糖質結構とるようになったけど
そこから別に太っていない。

ま、たまにというか結構ジャンクになるけどね。
ふふふ。

人生で一番明るい髪色にして
似合うよって言ってもらえてうれしい。
人に染まりやすいタイプらしい
性格診断によると。
いいことだ。

だからと言って自分がなくなるわけじゃなくて
人に染まって好きが増えていくんだからとってもいいのだ。
好奇心旺盛なのはこういうところにも出る。

秋が来ている。

今年の春から夏は私にとっては最高。
いろんなとってもいい経験できた、この年にして。
新しい気持ちもたくさん経験した、この年にして。

これからもそれが続いていくのならなおさらうれしい。
いろんな景色をみたい。

今日もまたいい日になりそうだ。

おいおいあけおめから2ヶ月たってるぜ。
去年も何回更新したことか。

いかんな。
いつもいってるな。いかんいかん。

今年の出だしも好調で
大吉だったし
いいことしか書いてないし
いざこざは多々発生しているけども
なんだかんだ楽しく生きている最近。

もう少し自分に正直になろうと思って生きている
とおもふ。

視点を変えれば見えてくるものもたくさんで
あとは自分がどうしたいか次第だと思っている。

新しい仕事で
お客様対応に関しても
どんなに腹たっても
結構どうにでもなるもんだなと最近思うようになってきた。
今までものごとを1つの視点からしか見えてなかったことが多いと思う。

なるべく楽しいように考えるようになってきた。

少なからず今の会社の影響もある。
いや、多大だろうな。

とても成長させてくれていると思う
仕事だけでなく人として。
自律するためのいい経験をたくさんさせてもらっている。

とてもいい会社に出会ったと思うし
そしてやはり私はいい人にしか出会わない。
人の運は相変わらず
昔から
ずっといい。
本当に感謝しかない。

こういうラッキーがこれからも続くように生きていきたいとおもう。

人の悪口しか出てこない人もいる。
人の目につくようにでも間接的に悪口をいう人もいる。
なんだか悲しいというか残念な人だなと思う。
もったいないというかなんというか。
私の出会い運の良さを分けてあげたいくらいだ。
わけられないけど。

きっと毎日そういう気持ちで生きているんだろうな。
そんな毎日だったらこころが荒みそうだ。

とにかく今年も私の好きな人がみんな幸せに過ごせたらいいと思う。

たまに相談に乗ってもらう人が言ってた、
みんなが幸せになってほしい、なんて綺麗なことは思ってないんだよね
自分に関わる人が幸せだったらそれでいいやって
そんなに自分に関係のない人を面倒見るほど自分に余裕ないしw
って。

そうだよね。

いや、人類みんな幸せならもちろんいいけどもさ。

みんなにいい顔しようとか
みんなにいいことしようとか
ずっと思ってきたけど
そんなの無理だってこと
最近になってよくわかった。

だから
まずは自分の好きな人たちが
いい気持ちで毎日を過ごせるようにお手伝いできたらって
われおもふ。

周りがはっぴーなら私もはっぴー。


それ以外はしらねぇ。

ま、それは言い過ぎだとしても
でもそんな感じよ。

とりあえず
できることからこつこつと。

そして
パーフェクトじゃなかったとしても
そのくらいが自分らしいや、あはは
って自分を許してやれるだけの余裕をもちたい。

自分をしっかり見ようと思う。
理想だけにとらわれずに。

そうでないと人のことを大事にするなんてできないもんね。

うんうん。


恵方巻きたべた。
ちゃんと北東北向いて食べたよ。

今年もいいことたくさんありますように。

おとーさんの13回忌だった。


随分とこれを更新してない。
いつもやろうと思うのだけど
インスタとかfacebookとかで済んじゃう。

たぶん
こうやって記録するのは好きな性分なんだと思う。

でもそれがよりインスタとかの方が楽だったり
気軽だったりするからそっちになってしまってるのだな

思ってみたりする昨今。

あっという間に13回忌がきた。

おぼーさんが声を詰まらせたり
帰り際話していたおぼーさんの奥さんが泣いてくれたりと
嬉しいのだか悲しいのだかよくわからない気分だった。

何より
ありがたいという気持ちは一番だったかしら。

亡くなった日を今でもついさっきのように思い出せる。
なんであのとき死んじゃったんだろう。

たぶんやっぱりおとーさんが一番びっくりしていたと思う。

まわりもびっくりだけど
おとーさんが一番びっくりだったし
まわりもとっても悲しいけど
おとーさんが一番悲しかったと思う。

おぼーさんが最後のお話の中で
天命いう言葉をおっしゃっていたけど
それでとっても納得できるような
でもそんな都合のいい言葉ずるいよって
おぼーさんじゃなくて
宗教とか思想とかそんなんに文句を言いたくなるような
そんななんとも言えない気分。

いまだに
おとーさんがあのとき病室で流した涙には意志があったと思ってる。
医学とか科学とか
信用できるようで信用できないし
だからといってスピリチュアルなことを信用しているわけでもないけど
とにかく私がみたもの感じたものが全て
だと思っているし
実際
世の中それでしか物事は判断できないと思う。

結局何がいいたいかっていうと
今もとてもさみしくて悲しくて
今でも会いたいと思っているということ。

夢に出てきたときはうれしい。

それが記憶の清掃作業だとか
脳の誤作動だとしても
何か他の力が作用して会いにきてくれていると思いたい。

時が癒してくれるとかいう
わけのわからん綺麗事というか他人事をぬかしたやつがきっと過去にいて
結構今もそれなりに世の中に浸透しているというか
まぁ全体的に「そういうもんだよね感」はあるが
そのわけわからん綺麗事は
全くの嘘だ。

身をもって知った。

時が癒してくれるなんてことは
全くの嘘だ。

いや、もしかしたら癒されるというか
忘れちゃうこともあるのかもしれない。

でもそれって時間で解決できるくらいの
簡単なことなのだ。

時間は何も癒してなんてくれない。

空いた穴を認識して
あぁ…

思い浮かんではまた次が思い浮かびという
無限ループ的にいろんなことを思うだけで
考えれば考えるほどさみしさは募る一方。

このいろんなことが仏様とかいうのに伝わればいいけども
そんなの伝わったかどうかなんてわからないじゃん。

やっぱりさ
せめて面と向かって
相手の表情みながら
ありがとうって言いたいよね。

しっかりと。

全部ありがとうって言って
どんな顔するのか知らないけど
その表情をしっかり目に焼き付けておきたいし
その時の風の匂いとか
光の感じとか
温度とか
全部覚えておきたいよね。

言葉でいって全部の気持ちがきちんと伝わるのかはわからないけども
どんなに思っても
どんなに考えても
言わなきゃわかんねーと思うんだわ
人間。

しっかり伝えることが大事だと思うんだわ。

言わなくてもわかるとか
阿吽の呼吸とか
もしかしたらあるかもしれないけど
私にはわからない。

だから
せめてもう一回
しっかりと
いっぱいいっぱいありがとうって言える機会を作ってほしい。

伝えたい気持ちは
自分でもその量がわからないほどたくさんあるのに
伝えられないってつらいことです。

墓に向かっていったところで
仏壇に向かっていったところで
そこに何があるって
石とか位牌だとか思うわけ。

そこに仏様がいますって言われても
念ずることで気持ちが届きますって言われても
頭の悪い私からすると
意味不明なわけですよ。
いみふ。

いや、おぼーさんが悪いとかじゃない。
宗教が悪いとかじゃない。
ありがたい言葉を言っていただけて
おぼーさんに関していったら
そもそも父のことを覚えててくれて
言葉を詰まらせるくらい思ってくださっていて
感謝しかない。


でも
私自身の気持ちの問題で
やっぱりいなくなった本人にしっかり
ありがとうとごめんなさいを
言いたいですよ。

面と向かってね。

ごめんなさい7.5割ありがとう2.5割かな。

いや
ありがとう12割ごめんなさい8割くらいかな。

よくわからんけど。




あのとき
私が朝食べたいからって
おいしいからもっと食べたいって
おとーさんが疲れてるのに夜中にわざわざ煮てくれたくわぶとつみれ食べておけばよかったよ。
そもそも寝坊なんてしなければよかったよ。


あのとき
おかーさんにメールもらった時に
おかーさんのいう通りに
おとーさんにちゃんとメリークリスマスって
メールすればよかったよ。
いつも会えるから、
また年明け帰るから、
そのときおせちをたくさん食べてやるんだから、
って思いながら
恥ずかしいの半分めんどくさいの半分で
メールしなかったこと
後悔しかない。


あのとき。


あのとき…。





今いる人には
感謝の気持ちをきちんと伝えたいものですね。


どうしても、
またすぐ会えるし
次会うのも約束してるし
そもそもいるのが当たり前だし
てゆーかいつも一緒にいるし
いや、わかるっしょ?
ってなるかもしれない。

仲が良ければより一層そうだと思う。

でも
当たり前が
本当は有り難いことであるってこと
しっかり認識して
いつも人に感謝のきもちを伝えたいな

改めて思いました。


穴は依然あいたままです。


きっと母はもっとそうなのでしょう。


考えたら胸が苦しくなります。
きっと寂しいどころの騒ぎではないと思う。
私たち子供でもわからない二人の絆があったのでしょうから。


うちの子に生まれてこれてよかった。

きたきた。
こういうやつ。

泊まってでも次の日仕事しようとする人
ほんとすごいと思う。

あべちゃんが
「明日みんな休み!」
とか言ったらいいのに。

そしたら無駄に働かないといけない人もいなくなるし
危険も少なくなりますがな。


日本人はこういうときにどんどん休んだらいいと思うのだけど
なぁ。
せっかくの有給ですよ。

有給消化できる会社にいるならわかるけど
だいたいきっとみんなできないわけですから。
1日くらい。

なんなら特別休暇出してもいいんじゃないか。
会社的に生産性悪いでしょ
そんな日に出勤させたら。

夕方のニュースで
出前のあるお店は
まあ当たり前だけど
こういうときに忙しくて
稼ぎどきだって言ってたけど
働いてる人は特別手当とか出るのかな。
余計なお世話だけど
そういう手当がじゃんじゃん出てるといいなと思う。

いつも大雪とか台風だとか
大地震のときもそうだったけど
思う。

そんなに無駄に真面目に働く
というか
危険をおかしてまで仕事場に行って
何かをする必要があるのかね
と。

もちろんそういうのやらないといけない人もいるに決まっているけど
たぶん大半はそういうのではないと
私は思うんだけど
そうでもないのかしらね。

ま、私には関係ないことか。


サザンの歌はいつもいい。

時代が変わっても褪せないというのは
なんでなんだろうか。

とてもいい。



人に期待しない
というのが
私の人付き合いの中で大きな部分なのだけど
それを人に伝えると
人間味がないだの
それで人付き合いして楽しいのかだの
言われるんだけども
反対に
人に期待してる人って
何を期待しているのだろうか。

自分がなにかしたことに対しての
見返りとかを求めているということか。

それもまたどうかと思うのだけど。

そういえば
あのこは
世の中等価交換!!
と毎度少年のようにきらきらした目で言うし
私もそれにすごく同意したのを覚えているけど
しかしながら
あのこが言っているそれとこれとは違う意味な気がする。

懐かしいな。

いつ戻ってくるんだろう。
久しぶりにskypeで話したら
会いたいとおもった。


雨の音は案外静かです。

結局言っちゃったのか。
どうせそうなると思ったけど。

あのこも迷惑っていってるじゃん。
そりゃ人間不信にもなるでしょうよ。

どうするんだろ。
私にはよくわからん。

戻りたいなら元気になったら戻ってくれればいいし。

もう気持ちがなくなりつつあるなら
話されたことに
どうにもならない気持ちになって思い悩むんだろうな。
かわいそうに、余計なストレスすぎる。

そもそも
他人からなにか言われる意味がよくわからん。
会社の人や仲間から言われるならわかるけども。
会社の人でもなければ仲間でもないのに
なんなんだろう。
それに
よくもまぁ現場にいた人に知らない人がそんな暴言はけるもんだわ。
いろいろいって自分がすっきりしたいってことか。
神経疑っちゃう。
私みたいなやつじゃなかったらおかしくなっとるわ。
言ってることも結局関係ないことばかり。
そんなめんどくさい中学女みたいな人も
大人になってからもいるのね。
まー人ってそんなもんかもしれない。
でも私ならやらないな。
女々しいやつはきらいだ。
うん。

今日も外は天気がよい。
出たくないな。
なんでよりによって仕事なんだよ。

ここ最近のこのブログのアクセス数の伸びとか
IPアドレスとか気持ち悪い。
googleはかしこい。

いろいろ起こった。
よくわからん。

そんなときに救世主が来た。
彼はいつもそうだ。

会話はなんともない。

おぉ
今なにしとん
ちがうちがう
今何をしてるかって
仕事とかそういうこと。

たまには連絡しろよ。


いつも何も連絡なんてしてないけど
どうにもこうにもいかないときに
たまたまタイミングが合って連絡をくれる。

いつもタイミングが良すぎて
びっくりする。

たまたまなんだけど
本当に
いいタイミングでほっとさせてくれる。

救い主だ。





ほんとしにたい。

大概の人に死ねって言われるだろうけど。

しねない自分の弱さにびっくりする。

あの人の言うように神経が図太いってことだ。
まぁそうなんだけど。

そういう意味で彼はすごい。

結局私は何もできなかった。

あのとき私だったら何て声をかけてほしかっただろうか。
何をしてほしかっただろうか。
記憶が古すぎて出てこない。

どうしようもないことだけど
何かできることがあったらいいのに
と思いました。

心配してるよ
って気持ちが彼に伝わればいいなと思ったけど
でも心配してるよって伝わったところで
何だよ
ってかんじだわね。

うーむ。

むずかしや。


無力だ。


実に無力です。


そんな大変なときに連絡をくれたというのに
なんにも役に立てなくて
ほんとうにごめん。

冗談でしょ
って思った。

だってテンションおかしいじゃん。

なんて言ったらわかんないよ。

私も経験したことだけど
でもやっぱりわからない。

何ていうのが
正解なのかな。

たぶん正解なんてないと思うのだけど
でも何て言っていいかわからない。

遠いあの日を思い出した。
もう古い過去すぎて思い出しきれないけど。
そしてあの時のことはあまり思い出したくない。
すぐ泣いてしまうから。

でも
何か言葉をかけてあげたいのだけど
冗談ぽくくるから
それで返すしかないじゃん。

どうすればいいんだろう。

人にしてもらったことなのに
なんでできないんだろう。
情けないな。

薄情なのかな。


何がしてあげれられるだろうか。

↑このページのトップヘ