こず思ふ

たび あそび ごほうヴぃ!!

June 2018

このところ
感情を思いっきり出してしまう場面があって
今まで人に面と向かって怒ることとかほとんどなかったのに
急に最近増えた。

病気にでもかかったかな。

素直になった
ということならいいんだけど
たぶんそうじゃない。

許容範囲が狭くなったというか
考えが凝り固まり過ぎているというか
融通がきかないというか。

さいてーじゃん。

どうしたんだろう。

らしい
のか
らしくない
のかもわからない。

それが地なのか
それとも
いつものが普通なのか。

迷走中
おーるうぇいす。

ピンチとぃでい。

いろいろピンチとぅでい。

でもでも
よく言うから
ピンチはチャンスだって。

ほんとかなぁ?

いや、信じよう。


なんだって大丈夫さー。
たぶん。
今までも大丈夫だったからー。

エネルギーをもって取り組めばー。
解決できるさー。

という自己暗示ね。


思い込みはだいじ。

雨ですな。
梅雨まっさかり。

年を重ねて
たぶん今さら傷つくのがいやなのと
そういうのを避けることができるようになったから
ストレートな気持ちを素直に出す場面って
すごい減ったなと思う。

いいんだか
悪いんだか。

でも
素直な表現を臆せずできる人って
すてきだなーと最近思う。

その一方で
自分は随分と疑い深くなった。

何かうれしいことを言われても
裏があるのではないかとか
何か気になる1点を見つけてしまうと
さっき言ったことは嘘なのではないかとか
私は騙されているのではないかとか
思ってしまう。

さらにさらに
疑ったりしても
「まぁ万が一それが嘘でも別に何ともないですけどね」
的な強がりメンタルを無理くり作ろうとする自分がいるわけです。

ださいわねー。

あーやだやだ。

どうしたらもっと素直に喜んだり悲しんだりできるだろう。


路頭に迷う日々。

最近よく思うのが
仕事するうえで何か生み出さないと意味ないよね
ということ。

当り前じゃねーか
って感じだけど
最近それをひしひしと感じるわけです。

何かつくるもよし
発信するもよし
とにかく
何か価値を生み出さねば、
しかも
自分という付加価値を付けて。

何かを右から左に流すようなことばかりやっていては
多分このままでは淘汰されてしまうな

最近とても思うわけです。

昔からその気持ちはあったはずなのに
いつの間にか忘れてしまったような
見て見ぬふり
気づかぬふりを
してきてしまったような。

いかんいかん。

惰性で何かをしてしまっている自分に
かーつ
かーつ
かーつ!!!

と思ったので
ちょっと書き留めておこうと思いました。


ところで思うのが
facebookやったり
ブログやったり
継続することは基本的に苦手なはずなのに
続いてるってことは
わたくしこういうの好きなんだな
ということ。

ま、日記みたいなものだしね。

すきだからなんなんだよ
って言われますと
いや、別に…
って感じですけども。

気が付いたことを書き留めておかないと
記憶は消えてしまうし
あるいは上書きされて
いい思い出が悪い思い出になってしまったりするし
今の気持ちをメモしておくことで
あとになって
その時の気持ちを近い感覚で思い出せたり
するわけです。

だからなんだよ
って言われると
まぁ、自己満足ですけども。

いいのいいの。

とにかく
気が付いたら何かに残すようにしよう
と思っているわけであります。

今日の夜は鉄板焼き♪

すんごいんですけど。
雨。

会社に傘あるしなんとかなるだろ
と思って家を出たけど
会社に向かって歩く間にまさかの大雨。

ずぅわぁぁぁぁぁぁあああああああああああああああああ。

つらたん(*´Д`)

せっかく朝シャワー浴びたのに
浴びなおした人みたいになった。

くっそー。

途中のコンビニで傘を買うという手もあったけれど
なんか悔しいから買わない。
走る。

べっそべそや。

ま、いいんだけどね。

雨に濡れて死ぬわけじゃないし
雨に濡れてはげるわけじゃないし
雨に濡れて太るわけでもないし。


最近ネット見てると
今までの自分が何だったのかと
否定された気分とはまた違うのだけど
ずいぶん遠回りをしてきたもんだな
と思うことがよくあります。

ネットには新しい見解があり過ぎて
あ、あの人が昔いってたことはこういうことか
とか
あ、なんでこんなこと気が付かなかったのだろう
とか
思うことが多くて
自分にがっかりもするし
同時に
いろいろやる気になる。

まだエネルギーがいっぱいありあまってるってことだな、
うん。

楽しまないといけないな。


最近やっと
素直な感情が戻ってきたというか
スレ過ぎてた思考回路を
ちょいスレくらいに戻す方法を見つけた
気がするので
こうやっていろんな方向からものごとをみて
毎日を楽しくする方法を模索出来たらと
思ふなぅあでいず。

めーあーごいすー。

なんか
色んな人がいてこわい。

見かけによらないことが多すぎて
たぶん今までだったら怖いことに気がついてなかったけど
さすがに年をとると
人の裏側が見え隠れするときがあって
それはカンではなくて観察力というか、いろんな経験を積んだ結果だと思う。

打算的くらいなら可愛いものだけど
陰謀めいたものを感じてしまうときは本当にこわい。

なんだかな。

今まで人を性善説的な感じで見てきたけども
実際はそうではないかもしれないと
大人になってから思う。

てゆーか気づくの遅いけどね。


いろいろ意図を探ってしまう。
これって防衛本能なのかな。

若いうちは何かあってもダメージに耐えられたけど
たぶんそういうのに弱くなってきたんじゃないかと思う。

たぶんね。
たぶん。

あーあ。

いろいろ起こる昨今であります。
まさかの暮らしが始まったりで。
まだ現実味がないですが。

ところで、
あたらしいブログを始めようかと思います。

この間変な夢みたって
ブログに書いたかしら。

お父さんが行方不明になって
でもなぜが私を迎えに来てくれそうな気がする
そんな変な夢。

死期が近いのか。。。


ま、それはさておき。

お父さんがなくなってからはや何年?
13回忌らしいですよ。今年。

てことは丸12年てことだと思っていますが。

よくわからん。

まぁそこはきっかけでしかないのですが
お父さんに関する思い出というか思いを
ブログに綴ろうかと思うのです。

家族はそうやって
家族の情報を垂らし流すことが好きではないみたいだけど
私がだれかわからないでしょうし
別にうちのとーさんがどこのだれかわからないし
そもそもそんなブログに興味を持って見てくれる人も多くはないだろうから。

でも
なんていうのかな
なんとなく
形を残したいのです。

なくなってからずいぶんと年月が経ちましたが
別に忘れたことなんて一時もないつもりだけど
でもやっぱり脳みそっておかしくて
忘れてしまうことととか
記憶が変えられてしまうこととか
すごく多いなって思うわけです。

そういうわけで
早めに記録に残そうってわけ。


お父さんがなくなったとき
私が最初に発した言葉は
「ごめんなさい。」

今でもそれが意味のあることだと思っているし
本当にそう思って最初に出てきたことだと思っています。


その場にいた人から後日慰めの言葉もいただきました。
全然ごめんなさいなんていうことじゃないよ、って。

でも素直な気持ち
やっぱりごめんなさいだったんです。
たぶん。

思うことはいろいろあるけど。

だから
その時の気持ちも一緒に
形に残そうと思うんです。

おとーさんに
どこにいるかわからないおとーさんに
私がいろいろ思っていたことが届けばいいなと思っています。

そんな6月です。

↑このページのトップヘ